ウィッグをおしゃれに使うため6つのポイント

ウィッグで簡単ヘアアレンジ

おしゃれに気を使わなくてはならない女性の中には、ヘアアレンジに困っている人も多いでしょう。ワックスやムースを使う、コテやアイロンを使う、アレンジの種類によってはピンやカチューシャを使うということもあるでしょう。そういった工夫をすれば、長さを変えずにある程度のヘアアレンジは可能ですが、そのための手間は大変なものとなってしまいますし、結婚式や習い事などの大事な場面で崩れてしまうことがあっては困ります。
実は、そのようなときにもウィッグが非常に役立つのです。

アップ系ヘアも楽々

ミディアム以上の長さで行うヘアアレンジとしてはアップ系のものが定番です。そういった定番のアレンジもウィッグを使えばあっという間に完成してしまいます。
例えば、お団子ヘア用のウィッグがあります。これは、地毛をある程度まとめたら、後はウィッグを被せるだけという使い方ができ、非常に便利です。綺麗なお団子ヘアを自分で作るのはなかなか難しいですが、ウィッグを使えば容易です。しかもウィッグの固定さえちゃんとできていれば崩れる心配もありません。
他にも、よりエッジの利いたデザインを加えたい場合にはストレッチウィッグと呼ばれるウィッグを使うこともできます。

ウィッグでボリュームヘアに

ウィッグを使えば、簡単にボリュームのあるヘアスタイルにすることができます。
長さのある女性のヘアアレンジといえば、コテで巻いたボリュームのある巻き髪が挙げられますが、そうしたヘアスタイルのウィッグも販売されています。地毛をまとめた上から被って固定するという使い方ですので、ショートヘアの人でもボリュームのある巻き髪スタイルにすることができます。
部分的に長さを加えたいという人は、フルウィッグではなくエクステンションタイプのウィッグを使うのが良いでしょう。

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

お洒落アイテム活用術

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。